くらし日記

自己紹介

自己紹介記事のタイトル

はじめまして。
「こもれび手帳」にお越しいただきありがとうございます。
KoKo create(ココクリエイト)という屋号で、個人事業でホームページ制作や写真撮影をさせていただいている、うちのきぬこと申します。

私は一つの会社に雇用されて働くのではなく、個人事業で、複数の企業や個人の方とお仕事させていただいています。
ここに至るまでの経緯や考えてきたことを、自己紹介を交えて書きました。
よろしければご覧ください。

 

スポンサーリンク

簡単なプロフィール

1987年生まれ。長崎出身。
小さい頃から家の前には海、後ろには山という環境で育ち、学校が終われば毎日海で遊んでいました。そんな環境が当たり前だったからか、自然の中でのびのびゆったりというペースが、自分の基盤にあるような気がします。今も街中より自然が多いところに足が向きます。

中学ではソフトテニス、高校では公式テニスをやっていました。
中学の頃から舞台の世界に憧れがあり、高校の頃は部活の後にバスで隣町にダンスを習いに行ったりしていました。
大学生になってからは劇団に入ったり、東京に稽古に行くなど、声や体を使って表現するような世界を本格的に目指したい!という思いが根底にはフツフツとあったものの、結果、挑戦することができませんでした。

今は歌も舞台も趣味で楽しんでいます。
その他の趣味といえば写真を撮ること、詩や文章を書くことです。
コーヒーも好きで、豆を挽いて一人でまったりしながら飲む時間は欠かせません。
外で入れるコーヒーは格別なので、そろそろソロキャンに挑戦してみようと思っています…!

 

9年間の会社務めの後、準備期間を経て独立。

大学卒業後、講演会やイベント、生涯学習の講座を企画・運営するカルチャー業界に就職しました。全国転勤の仕事だったので、2〜3年おきに転勤しながら働いていました。

会社では、企画や運営、広報について学んだだけでなく、社会人としての基本や会社という組織について学びました。また、様々な業界のプロの方とお仕事させていただき、自分の関わった企画でお客様が喜んでくださることに喜びを感じていました。

夏になれば次の冬の企画、冬になれば次の夏の企画と季節に追われるように数をこなすうち、「ずっとこのペースを続けていくことができるだろうか?」という不安と1年後自分がどこに住んでいるかわからないという状況が、少しずつしんどくなってきたのを感じていました。
また、仕事のしかたや働き方にも「これでいいのか?」と疑問を抱くようになっていました。
かといって、正社員として転職する未来をどうしても描けなかった私は、自然と新たな働き方を考えるようになりました。

自分なりに考えた結果、今までの企画の経験を活かせて、さらに積み上げていけるスキルを身につけようと思いました。
会社に在籍している間にホームページ制作、写真の基礎を学び始め、少しずつ近しい方の制作や撮影をさせていただくように。
その後、約9年勤めた会社を31歳で退職。さらに準備期間を経て独立開業。
ありがたいご縁をいただきながら、今に至ります。

 

現在の仕事と活動

現在は、フリーランスのwebクリエイターとして、個人事業主や小規模事業者の方の情報発信をサポートしています。
また個人での受注だけでなく、チームでも制作をさせていただいいています。(チームではディレクションとライティングが主です)

InstagramやTwitterでも少しずつ発信していますので、見やすい媒体でぜひフォローしていただけると嬉しいです。

Instagram:@kokocreate

Facebook:ココクリエイト

Twitter:koko_create

ホームページ:https://www.kokocreate.com/

これまでと、これから。

前職、転勤に疲れてきていた私は「次の転勤はいつ、どこだろう…?」「5年後どこで何しているんだろう…」とぼんやり考えていました。
そこから少しずつ「生きていく場所も、生きていき方も、自分で決めたい」という思いが強くなりました。

自分だからできることは無いのだろうか?
会社の看板があるからではなく、一人の人として、誰かと関わりを持てる働き方は自分には無理なのだろうか?
そんなもやもやを抱きながら模索してきました。
そして今は少し光が見え始めていて、まだその発展途上にいます。

振り返って思うのは、私が一歩を踏み出せた最終的な理由は、学生の頃「人生でこんなに夢中になれることには二度と出会えない」と直感的にわかっていた表現の世界に、本気で飛び込むことをやめた苦い思い出があるからだと思います。

学生の時は世界が狭くて見えなかったけど、今思えばやってみてもよかった。それで失敗しても本当にダメならそこからなんとかして生きて行けたはず。だからあの時飛び込んでよかったと思うんです。でもできなかったし、自分がしませんでした。
そんな後悔を、大人になってまでも繰り返したくないなと思いました。

仕事も暮らしも心地よく。
機嫌良く幸せで居ることを人任せにせず、自分で選ぶ。
そんな日々を送っていきたいと思います。
もしそれが簡単じゃないなら、無理しない範囲でその理想を追ってみたいと思います。

そしてこのブログでは、そんな考えの延長で起こる日々の出来事や、仕事・暮らしの話を記録していきます。
共感していただける方がいれば嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

-くらし日記

© 2020 こもれび手帳 , All Rights Reserved.