くらし日記

福岡市南区「ナルのパン」優しいおやつをいただく土曜の午後。

土曜日、ゆっくり起きて、遅い朝食を食べてカメラを持って街を散策。
おやつの時間くらいになるとなんとなく小腹が減ってきて、以前から気になっていた「ナルのパン」さんにいきました。

 

スポンサーリンク

オープンな入口と笑顔

初めて入るお店は緊張します。でもここは青い格子状の、ガラスの扉がオープンに開けられていて、明るくて入りやすい雰囲気。覗き込んで「いいですか?」と店主の女性に声をかけると、「どうぞ〜」と明るい笑顔で返ってきました。

丁寧につくられ並べられたのが伝わってくる「パンとおやつ」。初めて見る商品ばかりでわくわくしながらじーっと見いていると「あまり見たことない商品もありますよね」と声をかけてくださいました。本当、どれも気になる商品ばかり。

何個買おう。2個は買いたい…。ということで、今回は2個を厳選することに。

 

丁寧に並べられた、パンとおやつ。

色味と風合いがたまりません。
店内のカウンターでは、コーヒーや紅茶をいただけるそうなのですが、今日のところは持ち帰って家でいただくことにしました。帰り着く頃には3時になるので、おやつを選びました。近所の方は、朝からふらっとコーヒーを飲みにこられたりするそうです。オープンで落ち着いた雰囲気の素敵なお店でした。ウキウキしながら帰路へ。

 

おやつの時間

一つ目に選んだおやつはこちら。
ざくっとした食べ応えのある生地でラズベリーとカカオチョコを包んで焼いているおやつ。ベリーの酸味と、甘すぎないチョコの濃厚さ、そしてそれを包む生地の風味が豊かで、どこか懐かしくあたたかい味。ざくざく食べ進めると、しっかりとお腹にたまっていく感覚。この香り、手作り感、たまらないな。

ドリンクは帰り道にコンビニで買ったリプトンのロイヤルミルクティーです。

 

2つ目はスコーン。
こちらは、外側はサクッ。中はしっとり。そして絶妙な甘さと風味。思わず「ん〜」と幸せを噛み締めました。何もつけなくてもいい。むしろつけない方がいい。風味と甘さにふわっと包まれます。食べる前にちょっと「明日の朝に食べようかな」と思っていたことも忘れ、全部いただきました。

 

おやつに添えられたメッセージ

紙袋を開けた時に、中に手紙のように折りたたんで店主さんのメッセージが添えられていました。

おやつをいただく前に読んだのですが、すごく想いが伝わる文章でジーンとしました。誰かの元へ幸せが届くようにと思いを込めて、自然の素材で丁寧に作られているパンとおやつ。作り手の方の思いが言葉でも届くのはとても素敵だと思います。いただくありがたみも、期待も、幸せ感も何倍にもなる。

ぽかぽかと晴れて幸せな土曜の午後が、さらに幸せになりました。

ナルのパンさんありがとうございました。
また伺います。

【お店の情報】
名前:Nalu Handmade Bakery House(ナルのパン)
場所:福岡市南区井尻4-5-14 「ハピリィテイク」
営業時間:毎週月曜・金曜 12:00〜、土曜・日曜 14:00〜
Instagram:こちらから

 

 

こもれび手帳では、フリーランスの日々の暮らしのことや、ホームページ・写真の話を発信していきます。
ぜひお気に入り登録して、今後も読んでいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

 

-くらし日記

© 2020 こもれび手帳 , All Rights Reserved.