ホームページ

「301リダイレクト」をXサーバー内で簡単に設定する方法。

今回ワードプレスで作成しているこのブログのURL変更にあたり、301リダイレクトをどの方法でしたら良いか考えていました。

301リダイレクトとは?
ホームページのアドレスが変わったときに、旧URLから新URLへ自動的に転送する処理のことです。

最初はコードやプラグインを使用する方法で検討していたのですが、Xサーバーの詳細を見ると「サイト転送設定」があったのでそちらで行うことにしました。
今回私はドメインまるごとではなく、旧URLのブログ部分のみを新URLに変更するということをしたため「ページごとのリダイレクト処理」を行いました。
思った以上に簡単にできたので、その方法をご説明します。

スポンサーリンク

Xサーバーのサーバーパネルで簡単に登録する

Xサーバーページの「ログイン」から「サーバーパネル」に入る

参照:XServer公式サイト

「ホームページメニュー」→「サイト転送設定」に入る

 

対象のドメインを選択する

私の場合は kokocreate.com からkomorebi-techo.com にリダイレクトしたいので、今回は元URLであるkokocreate.com を選択します。

 

旧URLと転送先になる新URLを入力する

2つタブが出てくるので「リダイレクト設定追加」を選びます。そこに旧URLと新URLを入力していきます。

アドレス → 旧URL
リダイレクト先 → 新URL です。

 

例えば testpage というページを転送したい場合は、図のようになります。URLはページによってことなりますので、確認しながら間違いないようにゆっくり入力しましょう。入力できたら「確認画面へ進む」→「追加」をクリックで確定します。

 

間違いないか一覧で確認

タブの「リダイレクト一覧」をクリックすると、登録したリダイレクトが一覧で出てきます。URLが間違っていないかを確認しましょう!以上で登録は終了です。

 

実際のページで確認してみる

旧URLに実際にアクセスして、新しいURLに飛ぶか試してみます。自動的に表示されてばOKです。エラーがでた場合は、URLの間違いがないか確認してみてください。

 

サーバーのメニューもわかりやすくてやさしい

サーバーやドメインって専門的で難しいですが、いろんなレンタルサーバー見ているととてもわかりやすくハードル低くできるように表記がされているなと思います。自分で設定するのは勇気が入りますが、できた時はちょっと自信がつきますよね。

サーバーやドメインについての基本的な話も、今後記事にしていきたいと思います。

こもれび手帳では、ホームページや写真の話、フリーランスの日々の暮らし、おすすめの物事など、公私交えて発信しています。
お気に入り登録して、今後も読んでいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

-ホームページ

© 2020 こもれび手帳 , All Rights Reserved.