ホームページ

結局、ホームページを「育てる」ってどういうこと?

結局、ホームページを「育てる」ってどういうこと?

ホームページを作ろうと考え始めて情報収集すると、必ずと言って良いほど「ホームページは作ってからが大事です」という文言を目にしませんか?

作ってからも大変なのかな?そう思ううちに、ホームページを作るハードルが上がってしまったという経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

今回は

ホームページを「育てる」ってどういうこと?

なぜ、それが必要?

をできるだけわかりやすくお伝えしていければと思います。

ホームページを作る予定のある方、将来作りたいなと考えている方はよろしければ最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク

せっかく作るなら見つけてもらおう

ホームページを作るには様々な目的があります。例えば

ホームページをパンフレット代わりにしたい

会員さんやリピーターさんに最新情報やイベントをお伝えしたい

ホームページから新しいお客さんに来て欲しい

などです。

ここに共通するのが「見つけてもらうことの大切さ」だったりします。

こもれび手帳もこうしてあなたが読んでくださっていることで今、意味をもっています。

見つけてもらうためにコツコツとできることを続けていくことが「育てる」ということにつながります。

 

お客さんの行動を考えてみる

こもれび手帳を例に取ってみます。

サイトができて、記事も数記事入れて公開!これでよし、と思ってしまいがちですが、そこからが大切になってきます。

なぜかというと、

「こもれび手帳」と検索してサイトは出てきますが、まだ出会っていないお客さんは「こもれび手帳」というワードを知らないからです。

当然と言われればそうなのですが、私はwebを勉強し始めた頃に最初にこれを認識したときは正直ハッとしました。^^;

一般的に名が知れていて、多くの方が直接検索する「Amazon」「docomo」などはまた別です。

ですが、独自のサービスとなると、それと同等に考えるのは難しいです。

名や屋号をつけてホームページを作っただけではまだみぬお客さんにはなかなか届かない。

これが現状です。

でもできることはもちろんあります。

 

どうやって育てる?

ホームページを育てる方法として用いるのは、一般的に

ホームページ更新

SEO

ブログ

SNS

web広告

などです。

しかし、むやみやたらに数を更新するより、良い情報をちゃんと伝えるということが大切です。

誰に何を伝えたいか?それを明確に言語化した上で取り組むだけでも、そうでない場合と質は違ってくると思います。

 

少しずつでも、着実に。

今回は、「育てるホームページ」についてざっくりとお伝えしてみました。

ホームページを作ること、そしてその後運用しながら育てていくこと。

それは、「今日作って明日成果が出る」というものではなく、ちょっと根気のいる作業でもあります。

ホームページをすでにお持ちの方や、これから作られる方も、制作後に一人で悩まず、いつでもご相談ください。

こもれび手帳を見つけてくださったこと、読んていただけることに感謝しながら、私もみなさんと一緒に前進していきたいと思っています。

 

こもれび手帳では、ホームページや写真の話、フリーランスの日々の暮らし、おすすめの物事など、公私交えて発信しています。お気に入り登録して、今後も読んでいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

 

 

-ホームページ

© 2020 こもれび手帳 , All Rights Reserved.